会社の印象を左右する

固定電話

新入社員が苦手な事

今の若い人の中には電話で話すのが苦手という人が少なくありません。子供の頃からSNSやメールなどでコミュニケーションを取ることが多かった為、電話をする機会が少なかった為です。新入社員の中には電話が鳴ると緊張するという人もいます。しかし社内での用事はメールですますことができても、他の会社の人との打ち合わせや問い合わせは電話で行うことが多い為、ビジネスマナーとして電話の受け答えがきちんとできることが大切になってきます。電話での受け答えで会社の印象が大きく変わってくることもあり、上手くできていないとビジネスチャンスを失ってしまうこともあります。ビジネスマナー研修を行い電話応対のノウハウを社員全員が学んでおけば、対外的な印象を良くすることが出来ビジネスチャンスも広がります。電話応対研修では良い印象を与える話し方や伝言の受け方だけではなく、どちらの手で受話器を取れば良いかや電話に出るのが怖い時はどのように対処したら良いかなども教えてもらえます。新入社員からベテラン社員まで学ぶことが沢山あります。また電話応対だけではなく挨拶の仕方や身だしなみ、メールマナーや来客対応、クレームの対処の仕方などのビジネスマナー研修も行われています。社内の雰囲気がくらいとか社員間のコミュニケーションがうまく取れていないと感じる場合には、ビジネスマナー研修を行うことで会社の雰囲気や社員の人間関係を良くすることもできます。